うつ病の人と接する場合は非常に注意深くなり必要があります。大切なのは寄り添ってあげることです。

デパスでうつ病退散


うつ病の人との接し方

うつ病の人との接し方

大切な家族や恋人、友人、身の回りにいる人がうつ病になってしまったら、一体どう接してゆけばいいのか。なんとなく聞きかじった知識では「はげましては駄目、なんて言うよね…」と、ぼんやりしたイメージになってしまい、結果、ただ何もせずに遠くから見ているだけになってしまいがちです。

確かにはげましてはいけません。うつ病は本人の心持ちであったり周囲のはげましによって治るような簡単な構造をしてないからです。「早くよくなってね」と声をかけるだけでも「こっちだってそう思っているのに」と、さらに気力が減退してしまう。我々が何気なく使い、気にもせず、いわばスルーしている言葉を掘り下げ、深く考え込んでしまうことがあるのです。

大切なのは寄り添うこと

大切なのは寄り添うこと

寄り添う。それがうつ病の人への一番大切な接し方です。それは、うつ病に対して「受け入れる姿勢を持つ」ということでもあります。うつ病になっている人は、個人の差はあれど。今の自分が置かれた状態にたいして罪悪感を持っています。

気力が湧かない、苦しい、先行きが見えない…そしてなぜ自分がうつになったのか。その原因が理解できない。周囲の人たちはそれを見て心配し、「どうにかしてあげたい」という思いにいたり、ついうつ病患者に励ましをしがちです。

人によっては「なぜそんな風になっているんだ!」と詰問する人もいます。こうした人は病気の人を励ましたいという気持ちではなく、自分が思っているリアクションが来ないことに対して怒っているので、二重の意味でいけません。(うつ病の人にそういう反応を期待するのは間違っていますし、はげましてはいけません)。まわりにそういう人がいたら、まずその人を患者から遠ざけましょう。

一番追い詰められているのは本人

一番追い詰められているのは本人

基本的な話ですが、うつ病になって一番追い詰められているのは、間違いなく本人です。本人は自分が置かれた環境、追い詰められている状況に対してもがき、苦しみながら戦っています。その姿が表だって見えないだけなのです。

学校に戻る、会社に戻る。またはうつの原因が学校や会社に関係のあることならばそこから離れる。周囲の人間はその状況を共に考え、本人に「させる」のではなく「黙って寄り添う」。まずはうつ病にかかった人が、周りの人間に対してどういう距離で近づいてゆく…という部分を待たなくてはいけません。それはこちら側にとってもつらいことではありますが、気軽な励ましで事態を悪化させるよりは、周囲の人間も踏みとどまってうつに向き合うことが重要なのです。