神経伝達物質のセロトニンがストレスなどを原因に減ってしまうとうつ病になってしまいます。

デパスでうつ病退散


抗うつ剤パキシル

抗うつ剤パキシル

脳内の神経伝達物質「セロトニン」はうつと密接にかかわると言われています。このセロトニンは精神を安定させる作用があるのですが、強いストレスなどを原因にしてこのセロトニンの数が減ってしまい、不安に襲われるようになるのが、いわば「うつ」。

神経細胞の中でセロトニンは生成され、やがて神経伝達物質として放出されてゆきます。そして再び、同じ脳内の神経細胞に取り込まれるという性質を持っています。通常ならばこのバランスは常に保たれているわけなのですが、セロトニンが減少してくると、このバランスは崩れ、精神的な影響があらわれてくるのです。

抗うつ剤パキシル2

パキシルはそんな神経の伝達を円滑な動きになるように促す働きを持つ、「セロトニン再取り込阻害剤(SSRI)」との名称がある抗うつ剤です。継続的な服用をすることで神経伝達のサイクルを回復させ、症状を改善に導きます。パキシルの最大の特徴は、このセロトニンの活動のみに限定して作用することにあります。

パキシルの効果・効能

パキシルの効果・効能

デパスなどのベンゾジアゼピン系抗不安薬はうつ病以外の症状にも作用するために副作用が出る事も多いのですが、パキシルはそれらの薬と比べても副作用が少ないため、服用に抵抗感が少ない薬と言えます。パキシルが効果を発揮するのは、セロトニンに関わる症状全てと言っても、決して言い過ぎではありません。

うつ病、社会不安障害、パニック障害、全般性不安障害、心的外傷後ストレス障害(PTSD)、強迫性障害といった、セロトニンの減少による不安感を感じる病状に効果があります。セロトニンの上昇により、意欲もまた上昇し、不安が解消されることで心穏やかに過ごせるようになります。

パキシルの副作用

パキシルの副作用

ただ、薬である以上は副作用とは切っても切り離せないところがあります。従来の抗不安剤よりも軽くなっているとはいえ、以下の副作用がパキシルには存在します。その代表が吐き気となります。これはパキシルの作用により、脳内のセロトニンが増加することで、セロトニンを吸収する「セロトニン受容体」が過剰に刺激を与えられることにあります。

吐き気はその受容体の中で消化器の安定をはかる「5-H3受容体」の影響下にあると言われており、この受容体が薬の影響により、吐き気となって現れるのです。副作用には個人差があり、まったく吐き気が起きない人もいるのですが、そのあたりはそれこそ個人差と言えるでしょう。

一般的にはパキシルはほかのSSRI系の薬の副作用と比較して、吐き気が出やすく、眠気は出にくい形となっています。