うつ病には心の症状と体の症状があります。デパスなどの薬を用いて治療することが可能です。

デパスでうつ病退散

『デパス』個人輸入が禁止に

精神安定剤、抗不安薬、抗うつ剤、睡眠導入剤としてして利用されていた『デパス(一般名:エチゾラム)』が、平成28年9月14日付で厚生労働省により向精神薬指定となりました。

向精神薬に類似する依存性などの有害性が認められたことが理由です。

『デパス』と同様の特徴を持つお薬は以下の3点が挙げられますので、参考までに記載致します。

  • セディール セディール アゼピロン系の抗不安薬で、緊張や不安な気持ちを抑制する効果が期待できます。抗うつ作用も持つ新しいタイプの抗不安剤です。
  • バスパー バスパー・ジェネリック セロトニン作動性抗不安剤の先発薬で知られる『バスパー』のジェネリック医薬品のため、それと同じ効果が期待できます。
  • ソナタ ソナタ・ジェネリック ザレプロンを含有する医療用の睡眠薬で知られる『ソナタ』のジェネリック医薬品のため、それと同じ効果が期待できます。

うつ病の症状と抗うつ剤デパス

うつ病の症状と抗うつ剤デパス

特に悩みがあるわけでも無いのに不安な気持ちになったり、いつもと違うことがあると緊張したり、体は疲れてるのに頭がさえてしまって夜眠れないということが続いてしまうといった事で悩んでる方は多いと思います。動悸などがあると何もかもが嫌になり、時には生きてるのも辛いとい感じる方もいらっしゃいます。これらの症状はうつ病の症状といわれています。
これらの症状で悩んでいる方のためにデパスと呼ばれるうつ病患者などに処方される治療薬があります。

デパスとは

デパスとは

デパスは日本の田辺製薬会社が製造販売している抗不安薬です。日本ではとてもメジャーな薬で幅広い面で活躍しています。

不安や緊張、気分の落ち込みや、倦怠感、などうつの主な症状に効果があるのはもちろん、他にも筋肉をほぐす作用があるので、肩こり腰痛や頭痛、そして、手術前の緊張を取るために処方されることもあります。かなり幅広い面で活躍しており、比較的、抗不安薬の中でも穏やかな効果が期待できるとされてます。

ただ、穏やかに効果は期待できますが、作用自体は強いもので、不安や、緊張、動悸などは服用することにより、全く気にしなくなったという方がほとんどになります。

デパスの服用方法

デパスの服用方法

デパスを服用する際の用法・用量については、使用する際の症状により異なります。うつ病などは通常成人の方の場合1日3mgを3回に分けて服用するのがいいとされており、腰痛・心身症の方の場合は1日1.5mgを3回にわけて登用してください。服用する際の心配事やわからないことがあったら医師に相談することが重要です。

デパスの効果・効能

デパスの効果・効能

うつ病の薬として有名なデパスは、元々はエチゾラムという抗不安薬です。かつては一様に「トランキライザー(精神安定薬)」とも呼ばれていましたが、今は抗不安薬としての名称が一般的です。

ベンゾジアゼピン系抗不安薬に分類されるデパスは、不安を和らげる効果があります。脳内神経伝達物質には「GABA」と呼ばれる、中枢神経を抑制するものがあります。ベンゾジアゼピンが「GABA」の働きを強めることで、脳内の活動がゆっくりとペースが落ち、それが不安や緊張を和らげることにつながるのです。

ベンゾジアゼピン系の抗不安薬の中でも効果が強く、また即効性も高く、薬効が薄まる「半減期」と呼ばれる時間も約8時間となっているため、区切り良く使いやすいため、大変に人気のある薬です。しかし、どんな薬にも副作用は存在します。効果が高いということは反面、副作用も強いと言えるでしょう。

デパスの副作用

デパスの副作用

副作用の強さとして特徴的なものの一つが「眠気」です。デパスはリラックスできる抗不安作用が強いものですが、合わせてリラックスの到達点とも言える眠り―催眠導入と呼ばれる作用も高いのです。事実デパスは睡眠薬としても処方されることがあります。夜に服用してそのまま寝る分にはいいのですが、日中に服用で我慢できない眠気が外に出ている際に起こる、ということもあります。眠気の副作用を強く感じるという人は約4%となっています。

続いての副作用は「ふらつき」です。デパスには筋弛緩作用があり、緊張やストレスで過度の肩こりや身体のこわばりが出た時に効果が期待できるものですが、たとえば足腰が弱っているときに筋弛緩作用が強く出てしまうと危険です。階段の上り下りや自転車などでも転倒してしまう可能性があります。そこに眠気も加わってくると、事故が起きるリスクは大変高まります。ふらつきの副作用を強く感じる人は、全体の約2%と言われています。

抗不安作用が強く半減期も短いデパスは、「薬が切れた」と感じる感覚になりやすいものです。そこでもう一度…というように、一度使ってしまえばまた使いたくなる依存度が強いことが上げられます。とくに精神安定をはかる抗不安薬などは、過剰な摂取は命にかかわります。半減期がしっかりと定められているデパスだからこそ、注意して服用スケジュールを組んでいきたいものです。

デパスの副作用

デパスの依存性

デパスの依存性

デパスを継続して利用すると、まれに依存してしまうことがあります。依存は少ないとされてますが、やはり、薬が無いと逆に寝れなくなったりや、薬が無いと不安でしょうがないなど、治療薬が手放せなくなったという方もいらっしゃいます。

デパスを服用したからと言って、必ず依存症になるわけではないのですが、飲み方ひとつで変わってしまいますので、必ず決められた用法や用量で服用しましょう。効果をもっと感じたいからと言って、多量に服用したりしないようにしましょう。また、アルコールと一緒に服用は必ず避けましょう。効果が、増強されたりしてしまいますので注意が必要です。

デパスの歴史

デパスの歴史

デパスが開発・販売されるまでをご紹介します。デパスは1984年の3月に日本の製薬開発・販売会社の田邊製薬株式会社から発売されました。非常に有名で代表的な抗不安剤(精神安定剤)です。おそらくこの薬が精神安定剤としては一番有名なのではないかと思われます。

なお、デパスが開発され販売される前までは日本国内ではセルシンという名前の薬が長い間一般的に使用されていましたが、そのトップの座を奪ったのがこの薬になります。日本国内ではデパスという名前で広く知れ渡っているこの薬ですが、世界的にはエチゾラムと呼ばれています。

エチゾラムは、チエノジアゼピン科「マイナートランキライザー」に属している対抗うつ病・抗不安剤であり、睡眠剤としても適応を持っております。ちなみにデパスとほぼおなじ効果効能を持っているソラナックスやコンスタンなどの精神関連・うつ病の薬は、海外の外国製製品が多いのですが、デパスは国内の制約会社が販売・開発した唯一日本製の薬となります。

豆知識としてはDEPRESSION(うつ)+PASS(パスをすること)という意味の英単語からとられたものと言われており、デパスという名は商品名であり一般的にはエチゾラムといいます。
デパス・エチゾラムの通販

うつ病の症状

うつ病の症状

現在日本では100万人以上の方がうつ病と呼ばれる心の病にかかっていると言われています。また生涯うつ病にかかってしまう方は、15人に1人と言われており、ストレスが多い現代の社会では、誰もが掛かる可能性があるとても身近な病になります。

このうつ病の症状は非常に多岐にわたります。精神的な影響が出る「心の症状」と身体的な不調となって現れる「体の症状」です。

心の症状

心の症状

心の症状でもっともよく見られるものは、「抑うつ気分」「思考力の低下」「意欲の低下」です。抑うつ気分とは、気分が落ち込み、かなしい気持ちになることです。特に1日の始まりである朝に抑うつ気分が強くなる傾向があります。

憂うつになり、先のことに希望が持てなくなります。思考力の低下は、集中力が落ち注意力も散漫になることで仕事に手がつかなくなります。普段は気軽に決めていた些細な決断が出来なくなることで、「決められない」ことが悩みの種となります。

そして意欲の低下もあります。今まであんなに好きだった趣味にやる気が持てなくなったり、家族や友人との会話をするのも面倒になってゆきます。おしゃれもエネルギーを使う行為ですが、そうした自分の身だしなみや見た目に関心が湧かなくなり、何日も同じ服を着続けることもあります。

こうした部分が折り重なるのが心の症状です。

体の症状

体の症状でよく見られるものとしては睡眠の異常があります。まったく眠れなくなる「入眠困難」と呼ばれるもの。夜中に何度も目を覚ましてしまう「中途覚醒」。何時間寝てもまったく寝た気がしなくなる「熟眠障害」などがあります。

食欲の低下(ないしは増加)もよくみられる症状です。何を食べてもおいしさを感じなくなり、食べることそのものが億劫になる。ダイエットをしているわけでもないのに体重が急に減る。または食べても食べても満足しなくなり、過食をする。お菓子などを食べ続けるということもあります。

心の症状にもつながりますが、意欲の低下を招く「体のだるさ」「取れない疲れ」。その他の体の症状として、心臓のドキドキ(動悸)が止まらない。頭に鈍い痛みを感じる。どこにいても息苦しさ、窒息感を感じてしまい、脂汗が出るなどがあります。

体の症状は決してひとつではなく、色々な症状が重なって現れます。眠れないことと頭痛が重なる、食べる意欲がわかないというものです。うつ病とは気づかずに食欲不振や頭痛などの検査に行っても、原因がまったくわからないということがよくあります。体の不調に合わせて「やる気が感じられない」「不安感に襲われている」という症状がある場合はうつ病の可能性も考えて医師に相談するといいでしょう。

うつ病は早期治療

うつ病は早期治療

うつ病といっても、自分は本当にうつ?病気?と考え、症状を放置してしまう方がいます。うつはれっきとした病気になります。もしかして?と感じた場合は、早めに病院へ行くなり、治療薬を服用するなり対処が必要となります。放置してしまいますと、毎日の生活がつらいだけでなく、重大な疾患になってしまう場合もあります。

認めたくないという方も多いですが、治療薬ひとつで、状態を軽くすることは可能です。色々な精神安定剤や、抗うつ剤などあります。自分にあったものを探し出し、いつかは薬を服用しなくても大丈夫なように過ごしましょう。

デパス・エチゾラムの通販