デパスとパキシルでうつ病退散

デパスとパキシルでうつ病退散

現代病のうつを治す海外医薬品

皆さんうつ病と言う病気についてどれだけ知っていますか。
現代病とも言われる病気で今や日本では100人中約5割の人が過去にうつ病を経験したことがある今うつ病にかかっていると言う調査結果も出ているほどです。今後もますます増え続けるであろううつ病について色々と調べてみました。
まずうつ病とは一体何なのか。心の病気とも呼ばれていますが、具体的なことを言えば憂鬱な気分が続き、食欲が低下し、不眠症、精神的な苦痛などの心理的症状が続く病気をうつ病と言います。
実際にうつ病と診断された場合、どのような治療方法があるのか。いくつか種類があり、まず肉体・精神を休めるための十分な休養が必要です。過度のストレスによってうつにかかる方も多く休養することで精神的にかかる負担も軽減されます。
次に薬による治療法です。いわゆる抗うつ剤と言うものです。代表的なもので言えばデパスと言う医薬品になります。実際に病院で処方される割りとポピュラーなものです。有効成分であるエチゾラムの効果により、うつ病における不安や緊張を和らげます。また睡眠障害にも効果があり、不眠が続いている場合にも効果的とも言われています。ですが、効果が強い分副作用に関しても知っておかなければなりません。デパスの場合、依存性が問題視されています。効果が切れた際の精神面の負担が増えてしまうことでより、一層薬に対しての依存性が強くなってしまいます。
次にパキシルと呼ばれる薬です。こちらはSSRIと呼ばれるもので日本では一番認知度のある抗うつ剤としても知られています。脳内にあるセロトニンの濃度を上げることで不安や気分の落ち込みを改善させる効果があります。ですが、こちらにもやはり副作用があります。報告例としてはめまいや吐き気、急な睡魔などが挙げらています。他のSSRIよりも特に離脱症状が強いと言われていますが、ジェネリック医薬品であるため安価で手に入れることが出来るため多くの方が使用しています。
うつ病は適切な治療をすれば症状に関しては改善していくと言われていますが、あることがきっかけでぶりかえしてしまう場合もあります。それならどうやって付き合っていくべきなのか。デパスやパキシルといった薬による治療も効果的とも言われていますが、やはりしっかりと休養を取ること。そして腹をくくり、再発を恐れてストレスを溜めながら生活するのではなく再発を覚悟の上で開き直り、今後は別の人生を歩むぐらいの気持ちでいることが改善へと繋がる道だと思います。